2015年02月/ 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.02.20 (Fri)

クロがくれた奇跡~悲劇だと`




クロが旅立った日の翌日、火葬して頂いたのですが、
それまでの間、たっぷりクロとの最後の時間を過ごしました。
ずっと寄り添って話しかけて…
涙ばっかり流しちゃったけど。
思い出話なんかもしながら、たくさんクロの身体を撫でました。
そうしてる時でした…
ついていたTVから、聴き慣れた歌が…

Гあなたは風のように優しく鳥のように自由に…」

私の大好きなL'Arc-en-Cielの[NEO UNIVERSE]でした。
思わず耳を澄ませて聴きました。

「悲劇だとしてもあなたに巡り会えて良かった」


あぁ…やっぱり…

クロすごいなぁ。
なんでこんな…
ただの偶然とは思えないよ。
こんな時に…


どうしてそんなに私の事を分かってるんだろう。

嬉しくてたまらないよ。

クロ、悲劇じゃないよ、悲劇じゃないけど、
本当にあなたに巡り会えて良かったよ。

でも、もし悲劇だったとしても、
やっぱりあなた(クロ)に巡り会いたい。

そうだよね。
そういう事だよね…

それまでず~っと泣いてたけど、
止まったよ。

クロが泣かないでって言ってくれたようだった。

偶然だと思われるでしょう。
でも、私にとってはクロが起こしてくれた奇跡。

正直、ここ最近はクロの事が1番だから、
ラルクやHYDEからは離れていたんです。
曲を聴く事も殆どなくて…

ラルクに関する事から離れていました。


でも、クロは私をよくわかってる
だって15年も一緒にいたんだもんね

大好きなクロに大好きなラルクの曲を貰いました。



「生まれ変わる季節よ
切なすぎた季節よ
空のように一つに
結ばれよう neo universe」



歌詞の解釈は自由です。10人10色だと思っています。


私にとってのNEO UNIVERSEは特別な曲になりました。

クロありがとう。



そして今日はクロの初七日です。
首輪とリードを持って、思い出の散歩道を、
姉と一緒に散歩しました。
近所の、クロの事をたくさん可愛がってくれてたおじいさんに会いまして、
ご報告しました。クロを「親友」と言ってくれる程可愛がってくれてて、
クロが散歩も中々足が進まなかった時も、
そのおじいさんが前を歩くと、一生懸命ついていこうと足取りを軽くしました。

そんな方への哀しい報告は、とても辛かったです…
一緒に泣いてしまいました。
他にもクロの事を可愛がってくれた方々がたくさんいます。
やっぱりクロは、家族だけでなく、色んな方々に可愛がられて、
本当に幸せだったと思います。


それから今日、私も無事に1つとしを重ねられました。
やっぱり、としを重ねる事ができるって幸せです。
クロの分もいっぱいとしを取るからね。




PS.前の記事に非公開でコメント下さった方へ

実は、ブログの管理者画面にログインできなくなってしまい、
記事の編集はもちろん、非公開コメントを読む事もできないのです…
(記事は携帯メールから投稿しています)
本当にお手数ですが、よろしかったら拍手のコメント欄にも非公開で投稿する事が可能なので、
(こっちは投稿があると、メールでお知らせがくるようになってます)
そちらを使って頂けると幸いです。
申し訳ありません。
スポンサーサイト
15:40  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015.02.17 (Tue)

クロ、虹の橋へ






2月14日、13時20分頃
愛犬のクロが虹の橋へと旅立ちました。
15歳5ヶ月10日でした。
クロの誕生日は、正確には8月だと思うので、
本当はもう数日長生きかもしれませんが、
私とクロが出会った日、1999年の9月4日を、
クロの誕生日としているので、
15歳5ヶ月10日となります。

クロは、とっても家族想いの親孝行息子です。
最後の最期まで、立って歩いて…寝たきりにはなりませんでした。
老犬になり、14歳まで病気一つした事が無く、
(気づかなかっただけかもしれませんが)
14歳を過ぎてからは、いきなり沢山病気を抱えてしまいました。

2013年10月、膵炎になり、入院もしました。
2014年1月頃、お尻にシコリがある事に気付き検査、血腫と言われ、摘出してみないと悪性か良性か分からない。
悪性の場合、摘出しても、転移し続ける可能性が高いとの事、
クロの年齢と病気、今まで一度も身体にメスを入れた事が無いことから、
手術はせず対処療法を選ぶ。
11月、お尻のしこりが脾臓に転移したようで、腎不全と診断される。
やはり手術はおすすめできないとの事。
私も手術はさせたくなかったです…。
12月17日、深夜(日付的には18日)
痙攣を起こし(てんかん)、その後3時間おきくらいに痙攣をするようになってしまい、
翌日かかりつけの病院がお休みだったため、
他の病院へ電話をし、診てくれないか頼みました。
そこの病院の先生は「してあげられる事があるだろうか…でも一応診ましょう」
と言いました。もうそれだけで辛くてぐちゃぐちゃに泣いてしまった…。
そこの先生は「終末医療と考えた方が良い。もう充分長生きしてるんだよ。」
と…前が見えないくらい涙が溢れて、嗚咽をしてしまい、初めて行った病院でかなり迷惑かけてしまいました。
それでも、抗てんかん薬を処方してもらい、クロの症状は大分落ち着きました。
翌日かかりつけの病院に行き、
血液検査、レントゲン、エコーを診て頂き、
もしかしたら、脾臓の腫瘍が脳に転移して、痙攣がおきたのかもしれないとの事。
それから毎日、抗てんかん薬を飲み続けました。
あれから最期まで、痙攣は起きませんでした。

クロはたくさん奇跡を起こしました。
膵炎になった時も、そのまま逝ってしまってもおかしくないくらい酷い状態だったし、
あれから1年以上も頑張り、痙攣を起こした時も、
その時がきてしまったのかと思った。
でもこのまま逝かせたくなくて、
必死で病院探して、初めて行く病院で不安もあったけど、
すごく丁寧で、初めて診る患者なのに、
熱心に状態を把握しようと色々と聞いてくれて…
かかりつけの病院にも電話して頂いたようで、
その日のうちに、いつもの先生から電話が来ました。
クロは本当に人に恵まれた子です。

そして、私たちに後悔させないように、2ヶ月も時間をくれた。
介護をさせてくれた…。
すごくすごく幸せな時間でした。
私は自分の病気をきっかけに、仕事の量を減らしていた事もあり、
クロとの時間はたくさん取れました。
最期の日も、一緒に過ごしていて、しっかり看取る事が出来ました。
その時の事を書かせて下さい。


2/14 13:20頃
クロが起きたがったので、いつものように、体を起こしてあげ、支えながら歩かせました。
立ち止まり、力無くゆっくり倒れ込み、
息が荒くなりました。
口を開けて少し苦しそう…
もしかしたら、痙攣が始まるかもしれない、
2日前から食欲がなく、殆ど食べ物を口にしていなくて、
薬も飲めなくなってしまってたから、
痙攣が起きるかもと思いました。
何度か口をパクパク開けて、目をきゅるきゅると左右に動かし、
意識が無いような感じで…
痙攣が起きた時のために貰っていた座薬を入れようと、
履かせていたオムツを取ったらオシッコを漏らしていました。
クロの顔を見たら、口をあんぐり開けました。
手足をピーンとつっぱらせた
その瞬間、心臓が止まったようでした。
その事に最初気づかず、あれ、痙攣止まった?と思ったくらいでした。
でも心音を確認しても聞こえず、鼻に手を当てても息は無く…
すぐにかかりつけの病院に電話をし、休憩時間だったにもかかわらず、
すぐに来て下さいとおっしゃいました。
直ぐにクロを連れて、病院へ…。
先生と看護士さんが外まで出てきてくれて、
クロを抱っこして急いで診台に。
10分近く、蘇生を施してくれました。
でも、やはりクロは心臓が止まってしまっていました。

これが、クロの最期です。
クロは本当に、頑張りました。
最期まで立って歩いたのだから…
本当は歩けるような身体では無かったはず。
辛かったし苦しかっただろうに…
本当に本当によく頑張った。
偉いよ、クロ。


息が荒くなって、心臓が止まるまで、凄く早かったです。
あっという間でした。
私が望んだ通り、あまり苦しまずに逝けたのかな。
私と、母と父が見守る中、虹の橋へと旅立ちました。

私が看取る事ができて、本当に良かった。

クロの顔はとても穏やかで、ただ寝ているだけのように、
凄く幸せそうな顔でした。

先生は「よく頑張っていたと思いますよ。」と、言ってくれました。

クロ、クロと出逢って15年5ヶ月、クロと暮らして15年と3~4ヶ月くらいかな?
私は幸せだったよ。
君がいたから、辛い事があっても、癒されたし乗り越えられた。
仕事で疲れて帰ってきても、
クロが尻尾を振って出迎えてくれたから、
疲れなんて吹っ飛んだよ。

私の家族になってくれて、本当にありがとう。

愛してるよ。ずっとずーっと愛してる。
永遠に、私たちの家族。
22:36  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2015.02.13 (Fri)

変わらなきゃ

友達に謝りたい事がある。

もう大分月日が経ってしまったけど、

ごまかしちゃいけないから、

ちゃんと謝ろう。


優しいから、いつものように接してくれて、
入院した時も、お見舞いまで来てくれて、

付き合いも長いから、つい甘えてしまってた。


今更気づいた。


謝らなきゃ…


私はまだまだ子供だな。

前進しよう。
00:26  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。